物件を売りたい方へ

 

 

 

 

 

住まいの売却にも資金・費用の準備が必要です。

 

下記のようなものが費用としてかかります。

 

 
1、仲介手数料
売却が決定し、成約した場合にのみ、その取引額に応じてかかります。
※媒介契約を結ぶ、成約できずに売却を断念するなどの場合、仲介手数料はかかりません。
 
仲介手数料とは?
不動産会社を通して不動産を売ったり買ったりする場合に、その報酬として支払うお金を仲介手数料(または媒介手数料)といいます。
・仲介手数料の上限が、宅建業法で定められています。
宅地建物取引業法では、不動産売買における仲介手数料の限度額を、売買価格の3.15%+6.3万円と定めています。
よって全国どこの不動産業者と契約しても金額的には共通となります。(だからこそ、よりきめ細かなサービスを提供できる不動産業者である必要があります。)
もし、4000万円の物件を売買する場合、132万3千円の仲介手数料がかかることになります。これは、簡易な計算方法ですが、正式な計算の仕方は以下のとおりです。
売買価格のうち200万円以下の金額は5.25%
200万円を超え400万円以下の金額は4.2%
400万円を超える金額は3.15%
 
2、印紙税
不動産の譲渡に関する契約書(不動産売買契約書)に必要です。
 
3、所得税/住民税
売却時の譲渡益に対し、課税されます。ただし、控除制度があります。
 
4、その他諸費用など
ローンの抵当権抹消登記
ローン事務手数料
司法書士への報酬
改装費用など
 
5、引越し費用
引越し費用のことです。
引越し便利帳へリンク
 
※これ以外にも必要な場合がありますので、詳しくは営業担当者にお問い合わせください。